従来の方法

オーガニックな方法

種の植付け 収穫量を増やすため
種を殺菌処理する。
土を殺菌処理する。
化学肥料を与える。
土壌を健康に保つため
種に殺菌処理しない。
土に殺菌処理しない。
堆肥など有機肥料を与える。

発芽後 雑草駆除のため除草剤を
散布する。土の中の微生物
が弱って働けないので、薬品
なしでは、作物が育たない畑
になる。
芽が育ちやすい環境を作るため
耕し、雑草は取り除く。
(手間がかかる)

成長期 化学農薬を使用するため、土壌が荒れて、
水を大量に撒かなくてはならない。
大量の水は地中の塩分を導き出し、さらに
土壌は荒れる。
成長のための肥料他を散布する。
土の中の微生物が元気に働いている
豊かな土は、少量の水で成長する。
雨風その他自然の影響からバランスを
保つ為のきめ細かい管理が必要。

刈り取り 機械で葉も茎も一緒に刈り取る。 人の手で一つ一つ摘む。

高速加工のため科学補助剤を使う。
漂白・染色など化学処理する。
低速でじっくり加工する。
天然の補助剤を使う。
一切の化学処理をせず綿花の
色のまま仕上げる。

生地 漂白・染色・プリント・その他、化学処理する。 一切の化学処理をせず綿花の
色のまま仕上げる。